おそらく第2次政権になってから初めてかもしれない。首相の安倍晋三の長い沈黙だ。8月10日に地元山口県にお国入りして以来、政治向きの発言が全く聞こえてこない。この間の安倍の動静で大きなニュースになったのは、終戦の日(15日)の午前中に北朝鮮情勢をめぐって行われた米大統領ドナルド・トランプとの電話会談ぐらい。15日夕、一度は山梨県鳴沢村の別荘に行ったものの、北朝鮮情勢を考慮して大好きなゴルフもせずに18日には東京に戻り、私邸で「夏休み」を過ごした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。