三井物産の安永竜夫社長が、同社史上最年少の54歳、32人抜きで社長に就任して2年余りたつ。その間、創業来初の赤字に転落し、また、“格下”だった伊藤忠商事に利益で逆転され、業界内では三井物産をもじり“三位物産”とやゆする声も上がる。果たして再び強い三井物産に変われるのか。安永改革の取り組みと成長の行方を徹底取材した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。