米国で「オルトレフト(alt-left)」という言葉が市民権を得るのも時間の問題かもしれない。8月15日の記者会見中にドナルド・トランプ米大統領が使い、たちまち米メディア上を席巻したからだ。会見の主要テーマになったのは、その数日前にバージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者(white supremacist)と反対派(counter-protester)グループの衝突だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。