ミスショットが出たときやスランプに陥ったときは、スウィング(打ち方)よりも、アドレス(構え方)を最初にチェックしましょう。なぜなら、ミスの原因の大半は、ボール位置を含めた「アドレス」にあるからです。スウィングが悪くなるのも、手や体の使い方以前の問題として、アドレスそのものがおかしくなっている可能性があります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。