6月の有効求人倍率(季節調整値。パートタイムを含む)は1.51倍となった。正社員では1.01倍となり、2004年の調査開始以来、初めて1倍を超えた。この状況は、経済状況の改善による結果だと評価されることが多い。しかし、むしろ人手不足の深刻化と捉えるべき問題である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。