首都電力の国有化を審議する「首都圏電気事業会社経営危機対策審議室(首電対)」は、メディアの目を避けるために、内閣府内に設けられた。湯河は、宮永大臣の強い希望もあって、イチアイ対室長との兼務で室長に着任した。指揮を執るのは、資源エネルギー庁長官の生駒で、この日も関係省庁から集められたメンバーとの顔合わせに同席した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。