7月末、インド政府が、海上自衛隊が運用する「そうりゅう型潜水艦」導入に向けて、日本側に情報提供を求めていたことが明らかになった。目下のところ、「売れる武器」1位の「救難飛行艇US-2」と2位の同潜水艦は共に、インド側と価格などの条件交渉中ということになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。