2000年代の新興国経済を牽引してきたBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)。しかし今や、ブラジル、ロシアの成長率は先進国並みに低下した。今も力強い成長を続けるインド、中国に加えて、東南アジア諸国連合(ASEAN)を含めたアジア新興国が主役を担う時代に突入した。BRICsでは存在感を示せなかった日本企業は、今度こそアジア新興国で成功できるだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。