林原の倒産は特殊ケースに当たると思います。30年ほど前に過大な先行投資で粉飾決算をしたことは事実です。誠実さに欠けていたとは思いますが、業績も良く、直近10年間で借入金を350億円返済し、総合的に見てつぶれるはずがない会社だった。企業価値も、借入金額に対してお釣りが出るほどだったと思います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。