首都ワシントンや、大都市ニューヨークの街中を、ドローンやロボットがピザや本の配達に飛び回り、自動走行車で帰るビジネスマンは夕方のニュースや好きなドラマを車内で楽しめる。そんな姿を想像すると、まるで未来都市のようだ。米国では法制度や都市整備が追いつかないほど、これらの技術のブームが起きている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。