「名誉半分、迷惑半分です」。東京のベッドタウン、埼玉県和光市。人口約8万人のこの自治体はいまや、日本の介護制度のロールモデルとして知られている。ところが、そう祭り上げられることに、和光市の介護政策を担う東内京一保健福祉部長は冒頭のように苦笑した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。