介護保険には要介護度に応じて、「介護保険の利用限度額」という枠がある。限度額を超えた費用は、自腹になる。限度額が充分と思うか少ないと思うかは人それぞれだが、2013年介護給付費実態調査によると、限度額を超えて利用している人の割合は、一番大きかった「要介護5」でも5.9%。限度額に対する1人当たり平均利用額の割合が最も高いのも「要介護5」だが、それでも65.1%に止まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。