2000年の介護保険法施行後、これまでに6回改正がありましたが、ついにそこまで踏み込んできたか、という印象です。つまり、「和光市モデル」の全国化など、給付縮減を前面に打ち出した“中央集権”的な政策を進めています。裏を返せばそこまで財政的に切羽詰まっているということでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。