窓から差し込む朝日があまりに眩しくて、秀樹はベッドから飛び起きた。寝坊してしまった! あかねとの朝のランニング時刻まで、あと一八分しかない。昨晩、同期と盛り上がって久しぶりに深酒をしたせいだ。案の定二日酔いで、立ち上がると激しい頭痛が襲ってくる。即行でシャワーを浴びてロビーに向かった。ロビーフロアに下りると入念にストレッチをするあかねの影が見えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。