人類共通の祖先が遺伝子解析によって突き止められたのは1987年のことだった。「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれるこの女性は20万~30万年前、アフリカに現れた。やがて一部の人たちは「出アフリカ」を決断し、旧人類(ネアンデルタール人やデニソワ人)の血を受け入れ、環境適応力を高めながら世界中へ広がっていった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。