経営戦略上の最も基本的なフレームワークの一つといえる「3C」。事業上の重要な要素である「市場・顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の頭文字を取ってこう呼ばれる。市場・顧客と競合の分析を踏まえて自社の姿を考察し、戦略に生かす思考の枠組みだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。