事業ごとの特性を競争上の「戦略変数の数」と「優位性構築の可能性」の二つの評価軸から見極めるフレームワークが「アドバンテージ・マトリクス」。「PPM分析」を開発したボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が提唱した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。