飽くなき品質の追求が敗北をもたらす──。そんな驚きの逆説である「破壊的イノベーション」は、米ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授によって提唱された。著書の「イノベーションのジレンマ」という名称でも広く知られ、市場の新規参入者が大手既存企業を打ち負かす構造を明らかにした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。