INSEAD(欧州経営大学院)のW・チャン・キムとレネ・モボルニュの両教授はあるとき、過去百年にわたる数々の戦略事例を研究した。彼らはその結果を踏まえ、企業が勝者となるためには、ライバル同士がひしめく血に染まった赤い海(いわゆる「レッド・オーシャン」)で戦うのではなく、競争がなくて成長の機会が熟した「ブルー・オーシャン」市場を創造することが重要だと論じた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。