スペインがフランコ独裁政権による長い抑圧から解き放たれた1970年代、同国のカタルーニャ州では独自の文化や言語への回帰現象が見られた。それから四十数年、再び同州が独自色を強めている。カタルーニャは10月1日に独立を問う住民投票を行うことを決め、独立の票が残留を上回った場合、48時間以内にスペインからの独立を宣言すると公表した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。