日本航空ではこの春、トップ交代の可能性があった。というのも通称「8.10ペーパー」と呼ばれる、新規投資を制限する指針の効力が切れる節目を迎えたからだ。経営破綻以降、公的支援を仰ぐ代わりに、新規路線開設や大型投資に制約を課せられてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。