日光は東京から日帰りできる身近な世界遺産なので、これまで数え切れないほどのカメラマンが撮影に出向いているだろうし、私も何度行ったか覚えていないほど訪れている。けれどその写真はどれも似たような構図のものが多く、どうにかもっと良い作品を撮れないものかと考えていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。