スキル等を含めた自社の本質的なアセット(資産)を点検し、それを基点にして、振り向ける先をちょっと「ずらす」だけで、「新たな何かを(無理に)得る」ことなく新しい顧客を獲得できる──。それが私の提唱する「顧客ずらし戦略」です。その具体的事例として、エンターテインメント業界の雄、エイベックス・グループが挙げられます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。