バブル期に国内外で繰り広げられた不動産開発。その先兵となったのはゼネコンだ。後の破綻や債権放棄といった“狂宴”の処理は、6大企業集団の衰退と再編の端緒にもなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。