河口湖近くの東海林邸を出た車は、熱海を目指した。鷲津が所有する温泉旅館でサムと堀が待っている。リンは、まもなく成田から飛び立つ便でワシントンDCに向かう。原子力発電所の事故に対しての米国関係者の考えを探り、今後の資金調達について算段してくる。東海林邸を辞するのは、骨が折れた。ぜひ泊まってくれと、しつこく引き止められ、「どうしても今日中にやらなければならない重要案件がある」と言っているのに、東海林はなかなか納得しなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。