昨秋、深圳で開催された国際イベント「起業イノベーションウィーク」には、今をときめくグローバル経営者が出席していた。中国の二大巨頭であるアリババ・グループの馬雲(ジャック・マー)会長とテンセントの馬化騰(ポニー・マー)・最高経営責任者(CEO)。米国からはアップルのティム・クックCEO、そして台湾の鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)会長──。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。