中国経済の発展模様のことを、「明治維新と高度経済成長が同時にやって来た」と表現する人は少なくない。この先、中国の経済成長率が多少、鈍化しても、製造業偏重の経済にひずみが生じたとしても、このような革新性とダイナミズムを併せ持った大きな変化が中国で生まれ続けることは間違いない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。