事業や企業の盛衰はいかにしてもたらされるか。つくづく考えさせられる著作が相次いでいます。まず4月の刊行以来ヒットを続けている『あの会社はこうして潰れた』。ビフテキのスエヒロ商事、ジーンズのエドウイン、「ジュエリーマキ」の三貴等々、誰もが知る企業の破綻の原因そのものが迫真のドラマですが、同時に「倒産のリスク」をヒト・モノ・カネからチェックしたり、手形割引を追跡したりとベテランならではの調査手法も勉強になります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。