中国で存在感を示せている数少ない日系プレーヤーであるキヤノンと日立製作所。小澤秀樹・キヤノン中国社長は駐在13年目、小久保憲一・日立製作所中国総代表は駐在11年目になる。中国ビジネスの酸いも甘いもかみ分けたベテラン2人に、中国で勝つための要諦について、本音を明かしてもらった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。