「トポロジー」という言葉が市民権を得つつある。10年ほど前に「100年の難問を解いた天才数学者が失踪」と話題となったロシア人数学者G・ペレルマンが解決した難問は、トポロジーに関するものだった。また、昨年のノーベル物理学賞は「トポロジカル物質」(より正確には物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見)に対しD・J・サウレス、D・ホールデン、J・M・コステリッツに与えられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。