フリースで復活を遂げたファーストリテイリング。2001年度の売上高は前年から8割以上伸び、4000億円を突破した。だが、ブームが過ぎると一転して危機が訪れる。空前のフリースブームは、消費者のユニクロ離れを引き起こした。象徴的な言葉が「ユニバレ」である。ユニクロを着ていることが周囲にバレてしまって恥ずかしい──。こうした雰囲気が若者たちにあっという間に広がっていった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。