外資製薬大手ノバルティス ファーマが高血圧治療薬「ディオバン」の論文データを改ざんした事件で、東京地方検察庁は3月29日、薬事法(現医薬品医療機器等法)違反を問われた元社員と会社を無罪とした一審判決を不服として控訴した。3日後の4月1日、綱場一成氏(46歳。写真)が予定通り社長に就任した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。