欠陥エアバッグによる大規模リコール問題で経営危機にひんするタカタが、ついに法的整理を受け入れる見通しとなった。米国におけるエアバッグの最初の異常破裂から13年。タカタは私的整理を断念し、近く民事再生法の適用を東京地裁に申請する。裁判所の管理下に置かれるタカタのスポンサー候補が、米キー・セイフティー・システムズ(KSS)だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。