雨宮処凛著『女子と貧困 乗り越え、助け合うために』は、女性の貧困の実態を丹念に取材している優れたノンフィクションだ。キャバクラ嬢の置かれている状況に関する記述が衝撃的だった。〈なんでも、現在の業界では月収20万を超えていれば「稼げてる方」なのだという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。