政府が進める構造改革政策のキーワードが、「働き方改革」から「労働生産性の向上」にシフトしてきた。生産性を向上させずに表面的な働き方だけを変えても、結局は、ゆがみがどこかに移るだけの結果に終わってしまう。生産性向上が重視されてきたのは、正しい方向へのシフトだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。