2013年9月7日、習近平主席がカザフスタンで「シルクロード経済ベルト構想」を打ち出してから3年8カ月。5月14、15日に北京で「一帯一路」フォーラムが開催された。「一帯一路」とは、ユーラシア大陸の陸のシルクロードと、南シナ海からインド洋を通り欧州に繋がる海のシルクロードからなる交通・交流というのが表面的な解釈だが、実際には「政治、経済、文化の利益・責任・運命共同体の理念」のことである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。