東京・永田町の自民党本部5階にある会議室。過去、選挙制度改革法の制定など党を二分する激論が繰り返された場所である。6日午後4時すぎ。この会議室で今後の国の在り方を変えることになるかもしれない会合が開かれた。「自民党憲法改正推進本部」(本部長・保岡興治)。憲法改正に強い意欲を見せる首相、安倍晋三の肝いりで大改編が行われた推進本部の初会合だ。大きな特徴は保岡ら旧来の推進本部の幹部に加えて、安倍が派遣したお目付け役のような顔触れがそろったことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。