終盤国会に入って首相の安倍晋三が守りに回る場面が目立つ。学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐる安倍によるトップダウンの決定に、「異議申し立て」が続くからだ。  加計学園の理事長、加計孝太郎とは安倍自身が「腹心の友」と呼ぶ間柄。その加計が目指していた愛媛県での獣医学部新設が52年ぶりに認められた。「李下に冠を正さず」の言葉を引用するまでもなく、安倍に不信の目が向けられても仕方がない。もちろん安倍は繰り返し反論する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。