早朝の柔らかい日差しの中、秀樹は首都電力が保有する合宿所の駐車場で、入念なストレッチをしていた。昨夜は早めに寝たのだが、些細な音にでも過敏に反応してベッドから飛び降りてしまう。そのため、徹夜した朝のように体がだるい。体がほぐれるにつれ、頭が徐々に働き出した。そろそろかなと思った時、通用口が静かに開き、黒ずくめのウインドアップを着た姿の人影が現れた。この人物を待っていた。そして、人影はそのまま走り出した。秀樹も続いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。