B級グルメがますますブームだ。A級に反して、“安く、店構えも親しみやすく、かつおいしい”のがB級グルメ(略してBグル)のモットー。店の多くが1960年代前後の高度経済成長期に誕生しており、外食産業が現在のようにチェーン化する以前の、昭和後期の労働者の胃袋を満たしてきた

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。