年間の個人住民税収の20倍にも及ぶ寄付を集めた自治体が四国地方にある。高知県の東部に位置する漁港の町、奈半利町(なはりちょう)だ。約3400人の町民から徴収する年間の個人住民税収は9000万円弱。対して、ふるさと納税による寄付額は2016年度に20億円を超えた。感謝祭と銘打って、期間限定で鶏肉や魚介類などを5~6割の高い返礼割合で送付するのが人気を集めた最大の理由だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。