2008年5月に始まったふるさと納税制度。地域振興と自治体間の税収格差是正につなげるはずだった制度は、いつしか節税と特産品の取り寄せが主目的に成り果てた。極めて不健全な寄付文化を醸成したその功罪と国、地方の仁義なき戦いの舞台裏を追った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。