かつて注力分野に位置付けた原発、半導体、医療機器の3本柱を売却などで失う東芝は、「新生東芝」として再起を目指す。だが、売れ残った事業を成長軌道に乗せるのは難しそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。