辻田真佐憲著『文部省の研究』を読むと、この役所の歴史と現状がよく分かる。〈ナショナリズムによる自国中心主義(今日的にいえば「ジャパン・ファースト」)は、グローバリズムの経済的合理性で抑制できるかもしれない。この両者を適切に組み合わせ、新しい「理想の日本人像」を模索することが必要だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。