日本の半導体産業が壊滅する中、東芝メモリは売却され、図らずも激動の世界再編に飛び込む。東芝半導体を知り尽くす伝説の技術者らと共に栄光の歴史を振り返り、多難な船出を占う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。