千葉雅也著『勉強の哲学』で展開されている勉強術は、誰にでも実行でき、しかも効果が期待できる。特に入門書の効用に関する記述が秀逸だ。〈入門書によって、勉強の範囲を「仮に有限化する」のです。/専門分野に入る前提として、どのくらいのことを知っておけば「ざっと知っている」ことになるのか、という範囲を把握する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。