非常事態に見舞われている石油・天然ガスなどのプラント建設大手の千代田化工建設は6月、資本提携先の三菱商事から執行役員の山東理二氏(59歳。写真)を社長に迎える。長引く原油安でプラント建設案件が減り、千代田化工の業績が低迷する中、役員体制の刷新で経営の立て直しを目指す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。