政府が2020年までに訪日外国人旅行客4000万人を目指し、日本は観光立国の道を歩み始めた。近年、旅行者の嗜好が「旅行商品の消費から、旅体験へ」とシフトする中、旅行ビジネスも変わりつつある。既存の旅行代理店、ネット系旅行会社、体験型の旅を提供する新勢力が競争を繰り広げ、日本の観光産業が激変しようとしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。