沖縄県の子どもの貧困率は29.9%(沖縄県「沖縄県子どもの貧困実態調査結果概要」〈2016年4月〉より)。これは全国平均、16.3%(内閣府『平成27年版 子ども・若者白書』〈2015年6月〉より)の約2倍の数値である。貧困問題は決して単独で見ることはできず、その人の生まれた地域や家庭、教育環境など様々な要因が絡み合っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。