がん患者のうち、働く世代が占める割合は実に3割にも上る。もはや、がんは不治の病ではない。働きながら治療を受けるがん患者は、なんと30万人以上に及ぶとされる。個人がキャリアを継続させるためにも、企業が労働力を確保するためにも、治療と仕事の両立は喫緊の課題となっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。